インプラント

インプラントという選択肢もあります。

 

 

奥歯の歯のない所にインプラントを希望

 

 

インプラントを入れて

 

歯がしっかり噛めるようになりました。

 

インプラントは、歯の無い顎にボルトを埋め込み、骨にくっつくことで、天然の歯と同じように咬めることが利点です。


ただ顎の骨の厚み・幅が十分で無い場合、骨の代替材料を使用し、必要な厚み・幅を作り出す手術もあります。


診査・診断によりご希望に添えないこともあります。

 

 

信頼の「Straumann®Dental Implant System」

 

 

 

当院では、世界的に信頼性の高い、ストローマン社製ITIインプラントを使っています。

信頼性(Reliable)

良好な組織反応を実現するインプラントデザイン
インプラント術後の治癒期間の短縮
モーステーパーによるインプラントとアバットメントの強固な結合


シンプル(Simple)

論理的なコンポーネント構造
簡単でわかりやすい治療法
1系統の外科インスツルメントによる手術手順


適応性(Versatile)

さまざまな症例で良好な臨床成績が報告されています
1回法、2回法が選択できるシステム
幅広い補綴方法の選択が可能

 

入れ歯

 

 

 

 

 

 

 

 

インプラントが条件に合わなかったり、

 

健康保険の入れ歯がしっくりこない時には、

自費という形にはなりますが、

咬める入れ歯をお作りすることができます。

 

 

当院の自費の入れ歯はすべて、入れ歯のスペシャリスト、生田龍平氏にお願いしています。

時には、お呼びし、患者さまを直接お会いし、チェックします。

 

 

 

 

 

 

 

 

←入れ歯で有名な先生との共者の書籍

 

 

生田龍平氏の技工所のホームページです。

http://www.felice-labo.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上下の奥歯に部分入れ歯を希望されました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

模型上ではこんな感じ(下顎)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

模型上ではこんな感じ(上顎)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上下合わせると、こんな感じ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お口の中で噛み合わせをチェックし、見た目も重要なので歯ぐきの色を合わせて写真に撮ります

 

 

 

 

 

 

 

 

完成。
噛みあわせも見た目も満足に仕上がりました。